脱毛クリームを使用するときには肌に何もついていないことが大切

自己処理でムダ毛を脱毛するときに、市販の脱毛クリームを使う人もいると思いますが、このとき、肌の状態や肌に何かつけたままでクリームをぬったりはしないようにすることはとても大切なことです。クリームを使用するときには、肌を清潔にして何もついていないようにします。

 

できればお風呂に入った後で毛穴が広がっている状態だとしっかりと脱毛しやすいので、そのほうがいいのですが、お風呂上りでなくても肌にボディクリームや日焼け止めなどがついたままで脱毛を行うのはきれいに処理できないので、絶対にやめておくべきです。

 

脱毛クリームを使用するときには肌に何もついていないのを確認し、そしてムダ毛がみえないようにしっかりとクリームをぬります。ムダ毛が見えている場合はきれいに脱毛できないこともあるので、必ずしっかりとクリームをつけておくようにします。

 

そして、指定されている時間があるものですので、その時間になるまでそのままにしておきます。しっかりとぬってあるクリームは少しずつムダ毛を溶かしていくので、時間がきたら肌に残らないように取り除きます。

 

そして脱毛した部分をしっかりと保湿して、毛穴を引き締めて、肌を潤わせて乾燥から保護しておくことが大切です。